第2章

登録販売者試験:第2章「人体の構造と働き(呼吸器系・循環器)」の暗記ポイント・要点まとめ

前回の「人体の構造と働き(消化器系)」に引き続き、「人体の構造と働き」についての要点をまとめていきたいと思います!

登録販売者試験:第2章「人体の構造と働き(消化器系)」の暗記ポイント・要点まとめこの記事からは第2章の勉強ポイントをお伝えしていきます。 第1章の学習がまだの方はまず第1章の学習から始めましょう! htt...

こちらの項目もかなり数が多いので、「呼吸器系・循環器」の2項目に絞っています。

吉田
吉田
ボリューム多めですが、お付き合いください!

呼吸器系

呼吸器系は文字通り、呼吸を行なうための器官で、「鼻腔・咽頭・喉頭・気管・気管支・肺」からなる組織です。

吉田
吉田
咽頭に関しては、消化器系の一部でもあるんですよ。

鼻腔から気管支までの呼気・吸気の通り道を「気道」と呼びます。

気道は異物や病原物質の侵入経路となるので、たくさんの防護機構が備わり、風邪やウイルス性の疾患の防御をしてくれています。

鼻腔・咽頭

鼻腔の内壁には、粘膜分泌腺が分布し、「鼻汁」が分泌されており、殺菌・抗菌酵素である「リゾチーム」が含まれるため、気道の防御機構のひとつとなっています。

咽頭は「口腔と食道・喉頭」の間に存在しており、消化管と気道の両方に属しています

咽頭の後壁には「扁桃」があり、この扁桃にはリンパ組織が集まっていて、細菌やウイルスに対する免疫反応が行なわれる場所です。

喉頭・気管・気管支

喉頭は咽頭と気管の間にある軟骨に囲まれた円筒状の器官です。

軟骨の突起した部分は咽頭隆起で、通称「喉ぼとけ」と呼ばれます。

喉頭は「発声器」としての役割もあり、喉頭上部にある声帯で呼気を振動させ、声を発する場所です。

気管は、喉頭から肺へ向かう気道が左右の肺へ分岐するまでの部分で、肺の中で複数に枝分かれする部分を気管支と呼びます。

喉頭・気管・気管支までの粘膜は線毛上皮で覆われているため、埃や細菌などの異物は線毛運動によって排出、唾液と共に嚥下されます。

肺は胸部の左右両側に1対あります。

筋組織はなく、横隔膜や肋間筋によって拡張・収縮して呼吸運動が行なわれます。

吉田
吉田
肺は筋組織でできているという引っ掛け問題があるので、注意です!

肺内部は気管支が細かく枝分かれしていて、末端はブドウの房のような球状の部位があり、これを「肺胞」と呼びます。

肺は線毛などで保護されていませんが、貪食細胞の「マクロファージ」によって細菌などが消化。

肺胞の周囲は毛細血管が取り囲んでいて、「間質」という組織によって支持され、血液中の酸素と二酸化炭素を交換する大切な役割を持っています。

循環器系

循環器系は「心臓・血管系・血液・脾臓・リンパ系」から成り立っています。

循環系について
  • 血管系:心臓を中心とする閉じた管(閉鎖循環系)
  • リンパ系:末端がリンパ毛細管となり、組織の中に開いている(開放循環系)

心臓

心臓は心筋でできており、肋骨の真下で4つの空洞に分かれている臓器です。

上部左右を「心房」、下部左右の「心室」でできており、血液が体内を循環するための「ポンプ」のような役割をしています。

心房から血液を集め、心室へ送り、心室から全身へと血液を排出することを「拍動」と呼びます。

血液循環の流れ

右心房で血液を集め→右心室へ
右心室から肺へ→二酸化炭素などのガス交換が行われる
左心房→左心室→動脈(全身)へと血液を送る
動脈から毛細血管→静脈→右心房

血管系(動脈・静脈・毛細血管)

心臓から拍出された血液を送る血管を動脈、心臓へ戻る血液を送る血管を静脈と呼びます。

吉田
吉田
血管壁にかかる圧力(血圧)は、心臓が収縮したとき「最大血圧」、弛緩したとき「最小血圧」といいます。

毛細血管は、動脈と静脈の間を繋ぐように体中の組織に張り巡らされている細い血管のことです。

酸素や栄養分が血液中から末梢組織へと運ばれ、それと交換で二酸化炭素や老廃物が取り込まれます。

消化管壁を通る毛細血管の多くは、「門脈」と呼ばれる血管に集まって肝臓に入ります。

動脈と静脈
  • 動脈
  • 弾力性があり、多くは身体の深部を通る
    圧力は高く、血管壁は厚い
    弁はついていない

  • 静脈
  • 弾力性はなく、多くは皮膚表面を通る
    圧力は低く、血管壁は薄い
    弁はついている

血液

血液は血漿と血球から構成されており、酸素や栄養分を全身の組織へ届け、二酸化炭素や老廃物を排泄器官へ運び、ホルモンの運搬によって体内各所の器官・組織への連絡を図ります。

血漿は90%が水分で、アルブミン、グロブリンなどのタンパク質、微量の脂質、糖質、電解質を含みます。

血球は「赤血球・白血球・血小板」を含んだ呼び方です。

赤血球は、中央部がくぼんだ円盤状の細胞で、血液全体の40%を占め、赤い血球色素(ヘモグロビン)を含みます。

白血球は、体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物に対する防御を受け持つ細胞です。

好中球・リンパ球・単球といくつかの種類があります。

好中球は最も数が多く、白血球の60%を占め、血管壁を通り抜けて組織中に入り、細菌・ウイルスなどを食作用により分解します。

リンパ球は白血球の約35%を占め、血液のほかに、リンパ液にも存在する細胞です。

血液細胞について
  • T細胞リンパ球:細菌・ウイルスなどの異物を認識
  • B細胞リンパ球:免疫グロブリン(血漿タンパク質)を産生→細菌・ウイルスへの抗体
  • NK細胞:ガンなどの身体の中で発生した異常細胞を攻撃
  • ヘルパーT細胞:免疫系を統括する細胞

単球は白血球の約5%と数は少ないながらも、最も大きい細胞です。

血管壁を通り抜け、組織の中に入り込むことができ、組織の中では「マクロファージ(貪食細胞)」と呼ばれています。

血小板は血液凝固作用があり、損傷した血管を血小板が粘着凝集して傷口を覆うことで血を止めます。

粘着凝集すると、血小板から放出される酵素によって、血液を凝固させる一連の反応が起こり、止血される仕組みです。

血漿タンパク質の一種であるフィブリノゲンが傷口で重合して、繊維状のフィブリンとなります。

吉田
吉田
この血液に関しては勉強にぴったりの漫画があるんです!
わたしが受験する前に出会いたかった…

脾臓

胃の後方、左上腹部に位置し、握りこぶし大のスポンジ状の臓器です。

主な働きが2つあります。

  1. 脾臓内を流れる血液から、古くなった赤血球を濾し取って処理
  2. リンパ組織があり、血液中の細菌・ウイルスなどの異物に対する免疫反応

リンパ系(リンパ液・リンパ管・リンパ節)

リンパ系には心臓のようなポンプは無く、骨格筋の収縮によって流れていきます。

流速は血液に比べ、穏やかです。

リンパ液は、血漿の一部が毛細血管から組織の中へ滲み出し、組織液となったものです。

組織液の大半は毛細血管で吸収され、血液に還元、他はリンパ管に戻ってリンパ液へと変わります。

リンパ管には逆流防止の弁があり、リンパ液は一定の方向に流れています。

リンパ節はリンパ管が合流し、太くなったものです。

リンパ球やマクロファージ(貪食細胞)が密集していて、細菌やウイルスは免疫反応によって排除されます。

まとめ

ここは似たような名前で混乱してしまいやすい難所です…!

細胞の名前、それぞれの臓器の役割をきっちり抑えていきましょう!

文中で何度か出てきた緑の枠の中には大事なポイントを入れています。

吉田
吉田
試験にも出やすいので、しっかりチェックしてくださいね!
ABOUT ME
吉田
吉田
登録販売者資格受験ナビ管理人