第3章

登録販売者試験:第3章「呼吸器官に作用する薬(鎮咳去痰薬)」の暗記ポイント・要点まとめ

引き続き第3章の内容を勉強していきましょう!

鎮咳去痰薬は登録販売者が実務で販売・説明することが多く、試験でも頻出しているものばかりです。

吉田
吉田
特に「〜ゾリン」、「〜エフェドリン」は定番と言ってもいいくらい、よく試験で使われています。

覚えにくいものが続きますが、めげずに取り組みましょう!

鎮咳去痰薬

気道に吸い込まれた埃や 塵などの異物が、気道粘膜の線毛運動によって排出されないとき、気管に飲食物が誤って入ったり、冷たい風や刺激性の蒸気などを吸い込んだときに咳が出ます。

咳は気管や気管支に何らかの異変が起こったときに、その刺激が中枢神経系に伝わり、延髄にある咳嗽中枢の働きによって引き起こされる反応です。

鎮咳去痰薬の目的は、咳を鎮める、痰の切れを良くしたり、喘息症状を和らげること。

咳を鎮める成分、気管支を拡げる成分、痰の切れを良くする成分、気道の炎症を和らげる成分等を組み合わせて配合されています。

麻薬性鎮咳成分

コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩は依存性がある成分であり、麻薬性鎮咳去痰成分と呼ばれます。

長期連用や大量摂取で倦怠感、虚脱感、多幸感などが現れることがあり、薬物依存に陥る可能性があるため、不適切な使用はあらかじめ防ぐようにするなど注意が必要です。

コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩は、妊娠中に摂取された場合、吸収された成分の一部が血液-胎盤関門を通過して胎児へ移行することが知られています。

「〜コデインリン酸塩」の特徴
  • 依存性がある
  • 血液-胎盤関門を通過する
  • 副作用として便秘がある
  • 12歳未満の使用はできない

非麻薬性鎮咳成分

ノスカピン、デキストロメトルファン臭化水素酸塩、チペピジン〜酸塩、ジメモルファンリン酸塩、クロペラスチン〜塩酸塩などは非麻薬性鎮咳成分と呼ばれています。

気管支拡張成分

気管支拡張成分は交感神経系または中枢神経系を刺激するものに分けられます。

吉田
吉田
ここでは交感神経系のみに絞って説明していきますね!

アドレナリン作動成分は、交感神経系を刺激して気管支を拡張させる作用を示し、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮めることが目的です。

交感神経系に作用するもの
  • メチルエフェドリン〜塩:成分の一部が乳汁中に移行する可能性がある
  • トリメトキノール塩酸塩
  • メトキシフェナミン塩酸塩

(いずれもアドレナリン作動成分)

アドレナリン作動成分と同様の作用を示す生薬成分として、マオウが配合されている場合もあり、気管支拡張のほか、発汗促進、尿量増加(利尿)等の作用も期待されます。

メチルエフェドリン〜塩、マオウについては、中枢神経系に対する作用が他の成分に比べ強いとされ、依存性がある成分です。

去痰成分

去痰成分は主に3種類あります。

気道粘膜からの粘液の分泌を促進する作用
  • グアイフェネシン
  • グアヤコールスルホン酸カリウム
  • クレゾールスルホン酸カリウム
粘性タンパク質を溶解・低分子化させる作用
  • エチルシステイン塩酸塩
  • メチルシステイン塩酸塩
  • カルボシステイン
分泌促進作用・溶解低分子化作用・線毛運動促進作用
  • ブロムヘキシン塩酸塩

抗炎症成分

気道の炎症を和らげることを目的として、トラネキサム酸、グリチルリチン酸二カリウム(カンゾウ)などが配合されている場合があります。

注意事項
  • グリチルリチン酸による偽アルドステロン症
  • 心臓病・腎臓病・高血圧の既往歴がある人は注意

抗ヒスタミン成分

咳や喘息、気道の炎症は、アレルギーに起因することがあります。

鎮咳去痰成分の働きを助ける
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩
  • クレマスチンフマル酸塩
  • カルビノキサミンマレイン酸塩

気道粘膜での粘液分泌を抑制することで痰が出にくくなることがあるため、痰の切れを良くしたい場合は併用に注意する必要があります。

殺菌消毒成分

口腔咽喉薬の効果を兼ねたトローチ剤やドロップ剤では、セチルピリジニウム塩化物などの殺菌消毒成分が配合されている場合があります。

生薬成分

比較的穏やかな鎮咳去痰作用を示し、中枢性鎮咳成分、気管支拡張成分、去痰成分又は抗炎症成分の働きを助けることを期待して配合されます。

  • キョウニン
  • バラ科のホンアンズ、アンズ等の種子を基原とする生薬で、体内で分解されて生じた代謝物の一部が延髄の呼吸中枢、咳嗽中枢を鎮静させる

  • ナンテンジツ
  • メギ科のシロミナンテンまたがナンテンの果実を基原とする生薬で、知覚神経・末梢運動神経に作用して咳止めに効果あり

  • ゴミシ
  • マツブサ科のチョウセンゴミシの果実を基原とする生薬で、鎮咳作用を期待して配合される

  • シャゼンソウ
  • オオバコ科のオオバコの花期の全草を基原とする生薬で、去痰作用を期待して使われる

  • オウヒ
  • バラ科のヤマザクラ又はその他近縁植物の、通例、周皮を除いた樹皮を基原とする生薬で、去痰作用がある

  • キキョウ
  • キキョウ科のキキョウの根を基原とする生薬で、痰又は痰を伴う咳に使われる

  • セネガ・オンジ
  • セネガはヒメハギ科のセネガ又はヒロハセネガの根を基原とする生薬、オンジはヒメハギ科のイトヒメハギの根を基原とする生薬
    いずれも去痰作用を期待して使われる

注意事項

これらの生薬成分の摂取により糖尿病の検査値に影響を生じることがあり、糖尿病が改善したと誤認される可能性がある

  • セキサン
  • ヒガンバナ科のヒガンバナ鱗茎を基原とする生薬で、去痰作用がある

  • バクモンドウ
  • ユリ科のジャノヒゲの根の膨大部を基原とする生薬で、鎮咳、去痰、滋養強壮等の作用を期待して使われる

漢方処方製剤

甘草湯のほか、咳止めや痰を出しやすくする目的で用いられる漢方処方製剤としては、半夏厚朴湯、柴朴湯、麦門冬湯、五虎湯、麻杏甘石湯、神秘湯などがあります。

  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
  • 体力中等度を目安として、気分が塞いで、咽喉・食道部に異物感があり、動悸、めまい、嘔気などを伴う不安神経症、神経性胃炎、つわり、咳、しわがれ声、のどのつかえ感に適す

  • 柴朴湯(さいぼくとう)
  • 体力中等度で、気分が塞いで、咽喉、食道部に異物感があり、かぜをひきやすく、動悸、めまい、嘔気などを伴うものの気管支喘息、気管支炎、咳、不安神経症に適す
    むくみの症状のある人等には不向き

副作用
  • 間質性肺炎
  • 肝機能障害
  • 膀胱炎様症状
  • 麦門冬湯(ばくもんどうとう)
  • 体力中等度以下で、痰が切れにくく、ときに強く咳き込み、または咽頭の乾燥感があるもののから咳、気管支炎、気管支喘息、咽頭炎、しわがれ声に適す
    水様痰の多い人には不向き

副作用
  • 間質性肺炎
  • 肝機能障害
  • 五虎湯(ごことう)
  • 五虎湯は体力中等度以上で、咳が強くでるものの咳、気管支喘息、気管支炎、小児喘息、感冒、痔の痛みに用いられる

  • 麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)
  • 体力中等度あるいはそれ以上で、咳が出て、ときにのどが渇くものの咳、小児喘息、気管支喘息、気管支炎、感冒、痔の痛みに使われる

  • 神秘湯(しんぴとう)
  • 体力中等度あるいはそれ以上で、咳、喘鳴、息苦しさがあり、痰が少ないものの小児喘息、気管支喘息、気管支炎に用いられる

    いずれも胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人等には不向き

まとめ

ここでしっかり覚えて欲しいのは、前半部分のカタカナで表記されている薬名の部分と漢方製剤です!

生薬成分は完璧に暗記するほどでもないので、余裕があれば覚えておくといいかもしれません。

吉田
吉田
漢方処方製剤では、副作用が書いてあるものを優先に覚えるといいですよ。

次は口腔咽頭薬・うがい薬です!

ABOUT ME
吉田
吉田
登録販売者資格受験ナビ管理人